楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

NEXCO東日本など 東北観光フリーパスを発売、定額で乗り放題

21/11/09

NEXCO東日本(東日本高速道路)と宮城県道路公社は11月5日、東北6県の高速道路が定額で乗り放題となる「2021東北観光フリーパス」を発売した。

東日本大震災翌年の2012年から東北観光を支援しようと販売しているもので、今年はコロナ禍で発売を見送っていた。

震災から、コロナ禍からの観光復興へ

対象は青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島の東北6県の高速道路利用。ETC利用車限定の割引プランで、今年は域内周遊プランに加え首都圏からの1往復利用が付いた首都圏発着の周遊プランを追加した。

周遊プランは東北6県のほか、青森、秋田、岩手各県が乗り降り自由の北東北プラン、宮城、山形、福島各県を対象にした南東北プランの3種類を用意。土日祝日を含む最大2日間と3日間プランがある。

首都圏発着は東北6県周遊プラン3日間と南東北周遊プラン2日間と3日間がある。

いずれのプランでもエリア内の対象観光施設や宿泊施設などで優待の特典が受けられる。

利用期間は12月23日まで。普通車の利用料金は東北6県周遊プランが2日間7600円、首都圏発着東北6県周遊プラン3日間が1万6000円など。

利用開始前までに、NEXCO東日本のウェブサイト(https://www.driveplaza.com/etc/drawari/2021_tohoku/)から申し込む。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ