楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊増売へ連協強化誓う JTB旅ホ連総会(1) JTBは対OTA対策訴え

18/07/18

JTB協定旅館ホテル連盟(3818軒、大西雅之会長=北海道阿寒湖畔・あかん遊久の里鶴雅)は6月13日、東京・新宿の京王プラザホテルで2018年度総会を開いた。JTBが目標とする18年度宿泊販売目標4350億円の達成のため、大手OTAに対する競争力の強化、訪日客需要拡大、JTB社員の宿泊研修の活性化など、宿泊増売に関わる事業計画と予算を承認した。

総会では、JTBから対OTA対策として、旅行出発の4週間前までは優位性があると紹介があり、(1)4週間以前は安価プランの停止や在庫力の拡充(2)4週間以降は価格で競争力があるダイナミックJTBの投入による底上げ―を図りたいと説明があった。るるぶトラベルへの最安値提供率のアップも要請された。

JTB協定旅館ホテル連盟総会

対OTA対策など事業を決めた総会

大西会長はあいさつで、4年連続で宿泊販売が4千億円を突破していることを紹介しながら「JTBの大きな組織改革に合わせ、車の両輪として旅ホ連も変わっていく機会としたい」とし、地域や施設の形態、規模の違いにフォーカスし、それぞれがメリットを感じられる活動に意欲を示した。

(次の記事)宿泊増売へ連協強化誓う JTB旅ホ連総会(2) 自ら変わる時がきた・大西会長あいさつ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ