楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

モバイルバッテリーシェア 変なホテル、「充レン」をホテル初導入

19/08/29

H.I.S.ホテルホールディングス(H.H.H.)は29日、東京電力エナジーパートナー(東電EP)が展開するモバイルバッテリーシェアリングサービス「充レン」をホテル業界として初めて本格導入すると発表した。24時間気軽にレンタルでき、借りた場所以外でも返却可能なサービス。アジア圏内や北米でも普及するモバイルバッテリーのシェアリングサービスを導入し、訪日など観光客のニーズに応える。

レンタルスタンド(イメージ)

18年7月から開始し、現在30拠点を持つ充レン

「充レン」とは:東電EP が提供するモバイルバッテリーレンタルサービス。2018年7月よりサービスを開始しており、26施設30拠点(8/29日現在)でレンタルスタンドでモバイルバッテリーシェアリングサービスを展開。2020 年度中には1 万台のレンタルスタンド設置を目指している。

変なホテル東京赤坂、浅草橋から展開開始

スマートフォン、WiFi ルーターおよび電子タバコ等のモバイル端末の普及に伴い、外出中の「バッテリーがない」など行動における充電場所の確保が重要になっている。H.H.H.は、ホテルに滞在される国内外の顧客にむけて、外出中でもより便利で快適に滞在できるよう、「変なホテル東京 赤坂」「変なホテル東京 浅草橋」を皮切りに、モバイルバッテリーを24 時間気軽にレンタルができ、借りた場所以外
でも返却可能な「充レン」を設置する。これにより、外出中にモバイル端末の充電切れに対応できるだけでなく、災害等による停電や緊急時にも対応が可能となる。

「公共交通機関をはじめ商業施設に展開する「充レン」サービスを変なホテルでも順次導入をすることで、さらなる社会の多様なニーズに応え、ホテルにおける利便性の向上に努める」と同社。

「充レン」概要

・無人対応(24 時間)

モバイルバッテリー「充レン」レンタルスタンドをホテルロビーに設置。

・簡単便利にレンタル

充電コネクタを選択し、メールアドレスを入力。クレジットカード決済で支払い。

・移動の自由

充電中はその場に滞在せず、外出を楽しみながら充電が可能。

・シェアリング

利用後は、どの「充レン」レンタルスタンドでも返却可能。

 

利用料金

レンタル当日から翌日24 時までのご利用で1 台300 円(税別)

利用料金表

※上記料金は変更の場合有。詳しくはサイト(https://ju-ren.jp/)にて。

スタンド設置場所

モバイルバッテリー・コネクタ(イメージ)

・変なホテル東京 赤坂
住所:東京都港区赤坂2-6-14 1 階ロビー
・変なホテル東京 浅草橋
住所:東京都台東区浅草橋1丁目10−5 2 階ロビー
その他の「充レン」レンタルスタンド設置エリア:https://ju-ren.jp/

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ