楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オリックス不動産、「別府温泉 杉乃井ホテル」 21年夏開業へ新棟建築に着手

19/10/07

オリックス不動産(東京都港区)は10月7日、 運営する「別府温泉 杉乃井ホテル」(大分県別府市)において、 2025年の完工を目指して現在進めている大規模リニューアルの一環として、 新しい客室棟(本新棟)の建築工事を着手することを発表した。大規模リニューアルは、2025年の全面工事完了を目指し、本新棟を含む2棟の新築や、既存の客室棟「Hana館」の建て替えなどを行う計画。本新棟は、リニューアル第一弾となり、 2021年夏ごろの開業を目指す。

完成予想図(イメージ)

地上8階建てで、全155室の客室を設ける本新棟

本新棟は、 既存の全天候型アミューズメントプール「アクアビート」の北西に位置。地上8階建てで、全155室の客室を設ける予定だ。外観は、大地や木などの自然を連想させるアースカラーを採用し、別府の豊かな自然と調和するデザインを目指す。客室は、洋室が中心で観光やレジャーを中心としたアクティブな旅にも気軽に利用できる価格帯の商品となる予定。

オリックス不動産は、 旅館・ホテルの開発および運営事業を積極的に展開しており、 国内で22施設、 約5,000室(運営委託含む、 2019年9月30日現在)を運営している。

「事業ブランド『ORIX HOTELS & RESORTS』のもと、 お客さまのニーズやライフスタイルに沿った施設を実現し、 地域の魅力の発信とさらなる活性化に貢献していく」と同社。

※ プレスリリース「大規模リニューアルに着手」(2019年6月12日付)
https://www.orix.co.jp/grp/company/newsroom/newsrelease/190612_ORIXG.html

リニューアル後のイメージ

1. リニューアルの計画概要

本新棟を始めとして、既存の客室棟「Hana館」の建て替えなど計3棟の客室棟を新築する。「ひかりホール」など既存共用施設の修繕やリニューアルも検討している。2025年に全面工事完了を目指している。

【新棟概要(予定)】
所在地:大分県別府市観海寺1
敷地面積:2,024.00平方メートル (612.26坪)
延床面積:6,067.25平方メートル  (1835.34坪)
客室数:155室
設計:株式会社松田平田設計
着工:2019年11月中旬
竣工:2021年5月末
開業:2021年夏

2.別府温泉 杉乃井ホテル概要

所在地:大分県別府市観海寺1
客室数:647室(本館:369室、 Hana館:215室、 中館:63室)
施設:大展望露天風呂「棚湯」ほか1カ所、 料飲施設6店舗、 ザ アクアガーデン、 アクアビート、 ボウリング場、 ゲームコーナーなど
アクセス:大分自動車道別府I.C.より車で5分
JR別府駅より車で10分(JR別府駅西口より無料シャトルバス運行中)
運営会社:杉乃井ホテル&リゾート株式会社(オリックスグループ100%出資)

3.ブランド「ORIX HOTELS & RESORTS」概要

オリックス不動産が運営する宿泊施設のうち国内12施設を対象とした旅館・ホテル運営の事業ブランド。ブランドのコンセプトは、「また行きたい、 と思っていただける場所。」。 https://www.orixhotelsandresorts.com/

(1)宿泊施設一覧

全国マップ

(2)事業ブランドにおけるカテゴリー概要

「ORIX HOTELS & RESORTS」のブランドは、 4つのカテゴリーで展開。 ご年齢や同行者、 旅の目的や仕方などさまざまな利用シーンにあった旅の提案ができるブランドを目指している。

【ブランドカテゴリー】

ORIX HOTELS&RESORTS

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ