楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:GW明け、県内移動前提に営業再開の旅館も

20/05/05

政府は5月4日、5月6日までとしていた緊急事態宣言の期間を、5月31日まで延長した。

具体的な対策を示す「基本的対処方針」については、引き続き東京、神奈川、大阪など13都道府県を特定警戒都道府県の対象とし、厳しい行動制限を求めた一方で、図書館や美術館などについては、感染防止策を徹底することで、再開できるとした。

また、それ以外の34県については、手洗いやソーシャル・ディスタンスの確保、県境間の移動の自粛などを前提に、県の判断による営業自粛要請の解除など、制限緩和の方針を示した。

緊急事態宣言の対象期間が延長される一方、基本的対処方針の変更で、一部制限緩和の方針が示されたことを受け、県境間の人の移動自粛を前提に、観光や飲食事業の再開の動きも出始めている。

特定警戒都道府県の1つ、兵庫県は5月4日、行楽を主目的とする宿泊施設」に対し、ゴールデンウイーク期間中(4月29-5月6日)に求めていた休業要請を、予定通り7日以降、解除すると発表した。ただ、県境間の移動については引き続き、自粛を呼びかける。また、遊興施設などへの休業要請は5月31日まで延長した。

一斉休業していた有馬温泉(神戸市)では、7日から一部の温泉旅館が日帰り入浴を再開する。

高知県や宮城県は5日、飲食業者らへの休業・営業時間短縮要請を7日から解除することを決めた。

一方で京都府は5日、宿泊施設に対する休業要請を5月31日まで延長することを決めている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ