楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「幻の和牛×大阪城」夢の饗宴 ニューオータニ大阪、12月19日まで“尾崎牛フェア”

19/10/23

ホテルニューオータニ大阪は12月19日まで、「日本の誇り」と称される幻の和牛「尾崎牛」フェアを開催する。 オールデイダイニング「SATSUKI」、 フランス料理「SAKURA」、 鉄板焼「けやき」の3店舗で、 さまざまな味わいを提供する。フェアでは宿泊とセットのプランも用意する。

尾崎牛

「11月の紅葉シーズンに、彩り豊かな大阪城公園の絶景と贅を尽くした尾崎牛グルメを堪能してほしい」と同ホテル。

幻の和牛「尾崎牛」の特別な味わいを大阪で

尾崎牛は、 月に国内30頭、 海外30頭しか出荷しない大変希少価値の高い牛。 宮崎県で、 尾崎牛がのびのびと育つよう環境を整え、 手間をかけて飼育されており、 作り手の尾崎宗春氏の名前がついた唯一のブランド牛として、 世界的にも注目を集めている。 さっぱりとした脂でとろけるような味わいが特徴的で、 毎日食べてもしつこくなく、 次の日もまた食べたくなるような牛肉だ。
12月19日(木)までの期間、 以下対象レストランにて、 幻の和牛「尾崎牛」を使用した3種のメニューが楽しめる。

オールデイダイニング「SATSUKI」 『尾崎牛 下町特撰ビーフシチュー』※パンまたはライス付

尾崎牛 下町特撰ビーフシチュー

料金:¥7,000

ホテルのシグネチャーメニューといっても過言ではない「ビーフシチュー」。 代々受け継がれた伝統製法のデミグラスソースは、 その素材を厳選していくことでブラッシュアップされてきた。 今回はそのデミグラスソースに、 みりんや味噌で更に深み、 コクを加え味わい深くマイルドな仕上がりに。 メインとなる牛肉は「尾崎牛」をチョイス。 手間をかけてじっくりと5時間煮込むことで、 良質な脂から、 旨味、 甘味がたっぷりとソースに溶け出し極上の味わいに。 代々伝わる技、 レシピをおいしく進化させた逸品だ。
※平日限定で提供。

フランス料理「SAKURA」 『尾崎牛のブルゴーニュ風 森茸リゾットを添えて』

尾崎牛のブルゴーニュ風

料金:¥7,500

ブルゴーニュの赤ワインをベースに日本酒、 コニャックで尾崎牛を一晩マリネ、 仔牛の出汁やデミグラスソースで5時間煮込み、 芳醇な味わいに仕上げた。 旬の茸リゾットとともに楽しめる。

鉄板焼「けやき」 『尾崎牛のビーフシチュー』 ※サラダ、 パン又はライス、 コーヒー付

鉄板焼「けやき」 『尾崎牛のビーフシチュー』

料金:¥7,000

赤ワインや香味野菜でマリネすることで味を調え、 フォンドヴォー、 デミグラスソースでじっくりと煮込んだシチュー。 尾崎牛の極上の肉質をたっぷりと楽しめるようにあえてカットせずに盛り付けて用意する。

※いずれの料金も、 税金・サービス料別

せっかくならもっと贅沢にと、日本で生まれた美味と上質な空間を味わう、 贅を尽くした宿泊プランも

日本が誇る唯一無二のブランド牛「尾崎牛」を使用したコースメニューと、 今年の5月に新装したスイートに泊まれるグルメステイプランを用意。 まさに大阪城公園が紅く色づくシーズンに、大阪城を望むホテル最上階のメインダイニング「フランス料理 SAKURA」で「尾崎牛のブルゴーニュ風 森茸リゾットを添えて」をメインとしたディナーコースを堪能できる。さらに、贅沢なディナーの後は、 国内外からの賓客を迎えてきた格調高い部屋で至福のひとときを過ごせる。秋から冬に移りゆく大阪城公園を眺めながら、 日本ならではの侘び・寂びのコンセプトを取り入れた上質な空間と「日本の誇り」と称される極上の逸品を楽しみたい。

客室(イメージ)

「プレミアムグルメ&スイートステイ」 宿泊プラン
[期間] ~2019年12月19日(木)※除外日:11月4日以外の月曜日
[料金] 新スーペリアスイート(77平方メートル ) 2人¥90,000~
新ラグジュアリージュニアスイート(60平方メートル ) 2人¥72,000~
※料金には、 1泊室料、 朝食、 夕食(SAKURAディナーコース)、 諸税・サービス料が含まれる。

販売概要

ホテルニューオータニ大阪
レストランフェア
『”日本の誇り” 幻の和牛「尾崎牛」フェア』
【期間】~12/19(木)
【時間】
・オールデイダイニング「SATSUKI」11:00~14:00 ※平日限定
・フランス料理「SAKURA」ランチ11:30~14:30/ディナー17:00~21:00
・鉄板焼「けやき」ランチ11:30~14:30/ディナー 17:00~21:00
【場所】ホテルニューオータニ大阪
大阪府大阪市中央区城見1-4-1
【URL】 https://www.newotani.co.jp/osaka/ozakigyu/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ