楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ドーミーイン史上最大客室数 共立メンテナンス、「ドーミーイン川崎」開業

19/10/30

全国にビジネスホテル 「ドーミーイン」やリゾートホテル「共立リゾート」を運営する共立メンテナンスは11月1日、 神奈川県川崎市に『天然温泉 扇浜(おうぎはま)の湯 ドーミーイン川崎』をオープンする。客室は、ドーミーイン市場過去最大となり、首都圏を訪れる客を取り込む。

ドーミーイン川崎(外観)

ドーミーインチェーン国内外85棟目となる『ドーミーイン川崎』は客室数全386室を完備し、 ドーミーイン最大の大型ビジネスホテルとなる。 川崎駅より徒歩圏内の好立地にあり、 出張での利用のみならず東京や横浜エリアへの観光にも適している。また、 川崎駅前のホテルでは唯一自家源泉を引いており、 ミネラル成分豊富で美肌効果が期待できる‘黒湯’の天然温泉が楽しめる。

『ドーミーイン川崎』公式ウェブサイト
https://www.hotespa.net/hotels/kawasaki/

黒湯の天然温泉大浴場

『ドーミーイン川崎』の特長

1、ドーミーイン最大の客室数 全386室を有する大型ビジネスホテル

2、川崎駅前のホテルでは唯一、 自家源泉(黒湯)の天然温泉大浴場を完備

3、川崎駅まで徒歩約7分(川崎駅から品川駅まで約8分、 羽田空港まで最短約15分の好アクセス)

4朝食には名物料理‘担担麺’などを取り入れた約50品目の和洋食バイキングを提供

「全室にシモンズ社製ベッドを完備したた。また、 夜食としてドーミーイン名物のあっさり醤油ラーメン『夜鳴きそば』を無料提供することで、 皆さまをおもてなしする。今後もドーミーインを含むすべてのホテルブランドにおいて、 いっそうお客様にご満足いただけるようサービスの向上に努める」と共立メンテナンス。

全国85カ所あるドーミーイン

寮事業のノウハウから続く我が家のような寛ぎと快適性を備えたビジネスホテルチェーン。 スタンダードなビジネスホテルのみならず、 カプセルホテルの合理性とドーミーインの快適性を融合したキャビンタイプホテル「global cabin」や、 ドーミーインの和風プレミアムブランド「御宿 野乃」などのブランドを展開。 ドーミーイン川崎を含め、 国内83ヵ所、 海外2ヵ所、 計85ヵ所展開。

施設概要

正式名称:天然温泉 扇浜(おうぎはま)の湯 ドーミーイン川崎
オープン:2019年11月1日(金)
住所  :〒210-0005  神奈川県川崎市川崎区東田町9-3
電話番号:044-230-5489
アクセス:JR東海道線「川崎駅」より徒歩約7分/京急本線「京急川崎駅」より徒歩約7分
駐車場 :80台(1,800円/泊)
客室数 :全386室(ダブル84室、 クイーン196室、 ツイン、 46室、 ハリウッドツイン56室、 ハンディルーム4室)
建物  :地上15階建
源泉  :黒湯温泉(自家源泉)
泉質  :神経痛、 関節痛などの効能があるナトリウム一塩化物冷鉱泉
開業記念価格:朝食付1名様8,000円、 2名様10,000円(税込)~※2019年11月1日~2020年1月31日まで

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ