楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊物件数は約13万件 3月末時点、増加続く

20/06/16

観光庁は6月16日、3月31日時点の住宅宿泊仲介業者ら85社が取り扱う民泊物件数は、のべ12万9446件と発表した。18年6月の住宅宿泊事業法施行時点から約10万5千件増、直近の半年では約3万3千件増と、勢いは衰えることなく増加の一途をたどっている。

物件の内訳は、「住宅宿泊事業法に基づく届出住宅」が約4万5800件、「旅館業法に基づく旅館・ホテル、簡易宿所」が約6万2200件、特区民泊の認定施設が約2万1千件、「イベント民泊」が約83件など。

同庁では、物件の所在地が不正確、廃業済み、同庁保有のデータベースの情報と一致しないなど適正と確認できない物件が1043件について、住宅宿泊仲介業者に対し削除、修正を要請した。

また、6月11日時点での住宅宿泊事業の届出件数は2万6224件。法施行日の約11・9倍と、こちらも着実に増加している。届出件数のうち事業廃止件数は5458件で、6月11日時点の届出住宅数は2万766件。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ