楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

京都市の小学校跡地に7月開業/ザ・ゲートホテル京都高瀬川by HULIC

20/07/27

7月21日、京都市中京区の築93年の元立誠小学校跡地を活用した複合施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」内に、「ザ・ゲートホテル京都高瀬川by HULIC」が開業した。不動産デベロッパーのHULIC(ヒューリック、東京)グループが手掛けており、今回で3軒目となる。

立誠ガーデン ヒューリック京都は、京都市が推進する元立誠小学校跡地会開発事業で、事業者を公募し、ヒューリックが選ばれた。敷地面積約4938平方メートル、地上8階地下1階建て、延床面積約1万4930平方メートル。元小学校の校舎を活用した既存棟と新築棟で構成し、多目的ホールや図書館、地域の自治会活動スペースや飲食・物販などの商業施設などが入居する。

スクール棟の客室

高い天井や大きな窓などかつての教室の面影を残す客室

ホテルは、近代建築の校舎を保全・再生した既存棟「Schoolhouse棟」の2―3階、それとデザインを調和させた新築棟「Main棟」の2―8階に入居。客室数は184室。最上階の8階にフロント、オープンエアーのテラスを備えたレストラン「Anchor Kyoto(アンカー キョ―ト)」(134席)と隣接してロビーラウンジ&バー(38席)を配置。大きく開放部を設け、東山の山並みを目一杯取り込んだ。

アンカー キョートはホテル直営。老舗漬物店「打田漬物」の漬物など京都の食材を使用した小鉢など約18種類のメニューを楽しめる和定食や、既存ホテルで人気のエッグベネディクトやフレンチトーストなど洋食メニューを揃えた朝食やランチ、ディナーを提供する。開放的な店内は個室やスペースを仕切り、パーティにも対応できる。料金は3300円(税サ別)。ランチはパスタランチ1800円(同)からとリーズナブル。ディナーは6000円(同)から。

外観

築93年の元立誠小学校跡地を活用した複合施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」

このほか元小学校の道徳や礼儀作法などを教育する「自彊室(じきょうしつ)」(60畳)を改装。日常から離れ、自らをみつめなおすことで新しい自分を発見する場「Retreat Room(リトリートルーム)」として整備した。

客室は、Schoolhouse棟には高い天井や大きな窓などかつての教室の面影を残す「Grace」をはじめ、関西出身の若手の彫刻家や植栽家の作品を展示した「Lab(ラボ)」など、地域の文化や歴史を感じる特色ある客室計5タイプ20室を備える。一方、新築棟Main棟は、広さ約23-36平方メートル、1~3人収容というシーンに合わせてベッドタイプを選べる「Essential」や同約38平方メートルの「Classy」など6タイプ164室を配置した。中心価格帯は2名1室利用1室4万6000円(同)から。

運営は、ヒューリックホテルマネジメント京都が行う。新型コロナウイルスの影響により先行きは読みにくいが、収束後は既存ホテルが約8割稼働(平常時)と好評なことから、京都も同様の稼働が見込めるだろう、としている。

今後は、東京や札幌、大阪・心斎橋にホテルを出店する計画だ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ