楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

古宮洋二専務が新社長に JR九州が役員人事を発表

22/03/02

JR九州は3月1日、取締役会を開き、古宮洋二取締役専務執行役員を新社長に昇格する人事を決めた。2022年度の新中期経営計画に新体制で臨み、コロナ禍での業績落ち込みからの回復、2030年に向けての長期ビジョンの達成を図る。

異動予定日は4月1日。社長交代は8年ぶりで、古宮新社長の肩書は代表取締役社長執行役員となる。青柳俊彦・現社長は代表取締役会長執行役員、唐池恒二・現会長は取締役相談役に就く。

古宮新社長は現在59歳。1985年に九州大学工学部を卒業し、日本国有鉄道に入社。87年にはJR九州に移り、鉄道事業本部各部長を歴任、2012年からは取締役として、16年から鉄道事業本部長兼北部九州地域本社長、20年から現在の総合企画本部長を歴任している。

JR九州古宮新社長

古宮新社長

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ