楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

泊ればまちが好きになる―ホテルエルシエント大阪8月1日オープン

20/07/29

関西電力グループの関電アメニックス(稲田豊社長)は8月1日、大阪市北区に「ホテルエルシエント大阪」をオープンする。「泊まればもっと、その『まち』を好きになる」をコンセプトに地域と連携・共生するホテルを掲げる。

ホテルエルシエント大阪が立地する曽根崎エリアは、浄瑠璃「曾根崎心中」の題材となった露天神社をはじめ飲食店や商店が軒を連ねる。その立地を生かし食や文化、歴史を体験する地域観光を提案。曽根崎のパワースポットを巡るツアーや、男性が女性の姿で行うパフォーマーが出張メイクアップするドラァグクイーン体験プランを実施するほか、山本能楽堂による上方芸能ワークショップや落語家で僧侶の露の団姫(つゆのまるこ)さんによる怪談寄席、地域の魅力を味わえる体験を売りにする。

大阪文化

大阪の魅力を味わえるプラン、イベントを実施

ホテルは地上17階建て。ダブル112室、ツイン141室の計253室の客室を備える。フロアごとに通天閣や大阪城などアートクロスを配置し、大阪らしさを演出している。1階のゲストラウンジは、たこ焼きや串揚げなど大阪ならではのメニューを含む朝食会場になるほか、昼間はリモートワークも可能なワークスペース、夜はバータイムとして営業する。2階にはサウナ付きの大浴場、トレーニングジムがある。

大阪名物が盛りだくさんの朝食

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ