楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ローカル圏で経済復興 日旅協関西、理事会で講演会開く

21/02/15

日本旅館協会関西支部連合会(岡本厚会長=不死王閣)の2020年度第3回理事会が1月28日に大阪市内で開かれ、日本共創プラネットフォーム(JPⅰX)の冨山和彦社長が「ローカル型産業の時代をCXDXで生き抜け! JPⅰXが提示する日本経済復興の道筋」と題し講演した。

冨山さんは、マーケットにおいて事前に予想できず、起きたときの衝撃が大きい事象を指す“ブラックスワン”のような「破壊的危機は今後もかなりの頻度で起こる」とし「コロナショックはブラックスワンをより拡大・加速するだろう」。

その上で、CX(カスタマー・エクスペリエンス=顧客が製品やサービス、企業と接する中で感じる体験価値全般のこと)、DX(デジタル・トランスフォーメーション=デジタル技術で既存ビジネスのやり方を変革し価値を顧客にもたらすこと)について言及。

どちらもマーケティングに不可欠と強調し「世間的にはグローバルな産業しか生き残れないイメージがあるが、日本経済復興の本丸はローカル経済圏であり、中堅・中小企業経済圏」「これから人員確保ができない企業は生き残れないが、労働生産性の低さこそ成長の機会がある」とし、旅館業はCXとDXを理解した中で地方文化、地方経済を支えていってほしいと呼びかけた。

理事会では、各委員会が事業報告。岡本会長は「緊急事態宣言が延長され厳しい環境下だが、少しでも情報交換をしてもらえればと理事会を開いた。2月下旬からワクチンの接種も始まるので、1日も早くよくなることを祈りたい」と話した。

日本旅館協会関西支部連合会

あいさつする岡本会長

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ