楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ロイヤルパークホテル 5月1日から「ノンアルビネガーカクテル」フェア

21/04/23

ロイヤルパークホテル(東京・日本橋蛎殻町)は、Mizkan(愛知県半田市)が中心となり運営する「ノンアルビネガークラブ」とタイアップし、5月1-6月30日まで「ノンアルビネガーカクテル」フェアを開催する。

6種類のノンアルビネガーカクテル

1階のシェフズダイニング「シンフォニー」とロビーラウンジ「フォンテーヌ」、地下1階メインバー「ロイヤルスコッツ」で、ホテルバーテンダーが創作したノンアルビネガーカクテルをメニューに載せる。

長期化するコロナ禍による生活の変化で飲酒の量が増えたり、巣ごもりが肥満の原因にもなっている。こうした中、ヘルシーでおいしいノンアルコールに注目が集まっている。

ホテルでは健康によいとされフルーツとも相性のいいお酢に目をつけ、6人のバーテンダーがミツカンのお酢ドリンク「フルーティスtm」や黒酢、ぽん酢などを使った6種のカクテルを創作した。

メディア向けの試飲の会に参加し6種類のカクテルを飲んできた。筆者のようにお酒を飲めない者にとって、ホテルのバーは少々敷居が高いが、「ロイヤルスコッツ」は落ち着いた雰囲気でしゃれた画廊を訪れたような気分になる。

メインバー「ロイヤルスコッツ」

カウンター越しにバーテンダーのシェイカーを振る姿は実に滑らかで洗練されており、動きを見ているだけでも楽しい。

カクテルは異なるお酢とフルーツの組み合わせで個性的な味を醸し出していて、ハワイで飲むトロピカルドリンクのような華やかさだった。

お酒は飲めなくともバーを訪れ、バーテンダーのシェイカーを振るプロの技を見ながら、爽やかなお酢の酸味を生かしたヘルシーカクテルを堪能されてはいかが。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ