楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

花の御寺・長谷寺で特別感ある体験を(2) 三鬼が松明を持ってのたうつ「だだおし」2月14日に開催

奈良の二大火祭り

東大寺の「お水取りおたいまつ」と並んで奈良の二大火祭りとして知られるのが長谷寺の「だだおし」。毎年2月14日に行われる。23年は3年ぶりに一般公開され、多くの参拝者が冬の風物詩を見学した。

だだおしは、閻魔大王より開山徳道上人が授かった閻浮壇金の宝印(檀拏引=だんだいん)を参列者の額に押すことからその名がついたとされる。人々の罪や過ちを仏前で懺悔し身も心も清らかになって新年を迎える「修二会(しゅにえ)」の締めくくりとして行われる追儺会(ついなえ)の儀式でもあり、1千年以上の歴史がある。

2月14日当日は16時から僧侶の行列で始まる。本堂を法要したあと、堂内に赤、青、緑の鬼が登場する。僧侶は、牛玉札(ごおうふだ)力によって鬼を退散させる。追い出された鬼は長さ4・5メートル、重さ120キロの松明を持って苦しみ、唸り声をあげてのたうち回る。松明を振り回す様が古都奈良の二大火祭りと言われるゆえん。その鬼の姿が圧巻で「だだおし」の一番の見どころ。法要は18時に終わる。

だだおし

唸り声をあげてのたうち回る
鬼の姿が圧巻のみどころ

(次の記事)花の御寺・長谷寺で特別感ある体験を(3) 特別拝観と茶粥朝食
(前の記事)花の御寺・長谷寺で特別感ある体験を(1) 「ぼたん献花会」4月29日に開催

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ