楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

年末年始旅行者数は2年ぶり増 JTB見通し(1) 節約志向も旅行意欲は旺盛

JTBが発表した年末年始(12月23日―2018年1月3日)の旅行動向見通しによると、1泊以上の旅行に出かける総旅行人数は前年比1.0%増の3027万4千人。低調だった昨シーズンから巻き返し、2年ぶりの増加となった。前年は不振だった国内旅行が盛り返し、海外旅行人数は過去最高が予測されるなど、まずまずの好況感が漂う年末年始になりそうだ。

景気は企業業績、株価の上昇など好況ムードだが、賃金に反映されず消費者にその実感はないよう。総務省の調査でも旅行支出を控える傾向がみられる。一方でJTBの調査では年末年始の旅行意欲は昨年より増加。今年の休暇は12月30日―1月3日を基本に、前後に休暇を加えやすい日並びでもあり、JTBでは節約の度合いを緩和し旅に出かける人が多いとみている。

国内旅行人数は同0.9%増の2957万人。JTBのアンケートでは旅行日数は2泊3日が前年比3.4ポイント増の30.4%となり、数字を減らした1泊2日の34.8%に迫るなど長めの傾向に。平均費用も同3.1%増の3万1900円と予測される。

(次の記事)年末年始旅行者数は2年ぶり増 JTB見通し(2) 国内盛り返し、海外は過去最高に

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ