楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】兵庫県旅行業協同組合 理事長 門田基秀 氏

新年あけましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申しあげます。平素は私ども兵庫県旅行業協同組合に対し格別のご支援、ご協力を賜り心より感謝申しあげます。本年もよろしくお願い申しあげます。

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大により我々旅行業のみならず、ありとあらゆる業種に大きな影響が出た1年となりました。その状況は年が明けた今もなお続いております。今まで長年にわたり築かれてきた既存の社会システムが崩壊し、働き方も大きく変わりました。

業界では、大手旅行会社が店舗の縮小・人員削減にまで踏み込んだ改革を打ち出し、個人旅行においてインターネットを利用した予約への流れが加速しております。

我々中小零細旅行業者においても大きな変革を迫られています。店舗運営、団体旅行のあり方、社員の勤務、そして感染防止。課題は山積です。

しかし、そのような中でも、今まで長い間取り組んできた地域とのつながり、顔と顔を突き合わせて商売をしてきた強み。これからは中小零細旅行業者が必要とされる時代になってくるのではないでしょうか。

今年で4年目に入ります協同組合大阪府旅行業協会、京都府旅行業協同組合との連携もさらに強め、団体ユニットプランをはじめとする共同事業に取り組んでまいりたいと思います。まだまだ厳しい状況が続くと思われますが常に頭を回転させ常に前を向き努力してまいりたいと思います。

終わりになりますが、皆様方にとりまして素晴らしい1年になりますようお祈りし、引き続き兵庫県旅行業協同組合に対し、ご支援ご協力をいただきますようお願い申しあげます。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ