楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

里山の暮らしを感じるまち―移住定住促す 鳥取県智頭町(2)

豊かな子育ての場 「杉のまち」の魅力も

移住に際して気になるのは就業とともに子育て。智頭町で注目されているのは「森のようちえん」で、町内14カ所の森をフィールドとして自然の中で過ごすというもの。森林を活用し大人も子どもも育ちあう豊かな子育ての場として移住者に人気がある。

智頭町

豊かな森で育つ子どもたち

「日本で最も美しい村」連合にも加盟する田舎暮らしを垣間見ることができるのが、茅葺き屋根の「山里料理 みたき園」。古民家の周囲は森や川、滝があり、智頭町の豊かさを感じられるショーケースのような空間だ。森の恵みをそのまま生かした山菜料理や昔ながらの手法で作った郷土料理を味わえる。

みたき園

智頭町の暮らしを垣間見られる「みたき園」

まちの魅力もいくつか紹介しておこう。鳥取県最大の宿場町であり、往時を偲ばせる町屋の建物や道標が今も残る「智頭宿」。なかでも「石谷家住宅」は、3千坪ある広大な敷地に部屋数が40以上ある邸宅。7棟の蔵と日本庭園も備える。江戸時代後期の大庄屋であった石谷家の住宅で、現在の建物は対症年から昭和初期にかけて改築された。国の重要文化財に指定されている。

石谷家住宅

智頭宿を代表する豪邸「石谷家住宅」

杉のまちならではの「杉神社」は、杉を模した三角形の塔がご神体で、スギの霊を祀った全国でも珍しい神社。

「日本の里100選」にも選ばれた「新田集落」は、人形浄瑠璃の伝承が残る集落だ。山間に開けた里山の風景は、訪れた人に「古きなつかしい日本」を感じさせる場所として人気が高い。

新田集落

新田集落の棚田。
里山の景観は町の至るところに

智頭町には、脈々と受け継がれてきた“暮らし”がある。新しい取り組みと暮らしが融合しているまちを一度訪れて暮らしを体験してみることを勧める。

(前の記事)里山の暮らしを感じるまち―移住定住促す 鳥取県智頭町(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ