楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

里山の暮らしを感じるまち―移住定住促す 鳥取県智頭町(1)

鳥取県東南部に位置する智頭町。町面積の93%が森林で、そのほとんどを杉が占める「杉のまち」として知られる。古くから因幡街道と備前街道が交差する交通の要衝で、人の往来が盛んだった。今、豊かな自然をバックボーンに、百人委員会という住民自治を推進するとともに移住定住を促し、人の往来を復活させる持続的なまちづくりが全国から注目を集めている。

先駆者の店や森のようちえん

智頭町の人口は約6600人。移住定住の動きは2021年に智頭町総合案内所をリニューアルし、移住定住相談窓口を役場から案内所に移設したことでより本格化。移住定住後のフォローや住民・観光客・移住者の交流が生まれる場として、新たな暮らしに寄り添える機能を充実させた。

移住サポートサイト「ちづ暮らし」も開設。移住に関する住まいや暮らしの情報を掲載しているほか、移住前に「おためし住宅」や「民泊」で暮らしを事前体験できるプランなども用意した。物件情報は「空家・土地情報バンク」を町が管理。物件・土地情報の閲覧ができるほか、住宅支援や生活応援、起業支援に関する補助金制度を数多く設け、移住しやすいようサポートしている。

移住先駆者が始めた店も数多くオープンしている。里山に佇む「自家製天然酵母パン&クラフトビール&カフェ タルマーリー」は、県内外からの来訪者が多い有名店。旧保育園を改装した店内で、野生の菌や天然酵母の力により発酵させたパンやクラフトビールを販売提供、地元素材を使ったピザやサンドイッチ、自然栽培のコーヒーとスイーツなども味わえる。

タルマーリー

国内外から多くの人が訪れる「タルマーリー」

IターンやUターンした住民から「豊かな自然と人の温かさがあり、自分らしく居られる場所」「誰かがつながり、何かが生まれる『場』づくりができるところ」といった声が寄せられている。

(次の記事)里山の暮らしを感じるまち―移住定住促す 鳥取県智頭町(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ