楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

南紀白浜の人気施設に停留所 おんせんバス、大阪から運行

20/03/04

新今宮・難波・りんくうタウンといった大阪で訪日外国人旅行者が集まっている3つの拠点と、和歌山県・南紀白浜温泉のホテル玄関前までを直接つなぐ大阪−南紀白浜リムジンバス(おんせんバス)が3月1日から、白浜温泉周辺の観光施設や南紀白浜空港でも乗降できるようダイヤ改正を行う。

おんせんバスは、あじさい観光(堺市)が運行。新たな目玉となるバス停留所は南紀白浜空港に加えて「アドベンチャーワールド」「グランパスSEA」「白浜温泉・田辺観光バスセンター」。南紀白浜温泉の中でも人気を集めている観光施設と空の玄関口を結ぶことで、より利便性が高まるバス路線になるとの期待も多い。

おんせんバス

新型も何のその!
ときにはパンダ親子も乗車するかも?

新たな運行ダイヤは大阪からの1便は11時に新今宮を出発し、15時15分に白浜温泉・田辺観光バスターミナルに到着。2便は14時30分に新今宮を出て田辺観光バスターミナル着。復路の1便は9時10分に田辺観光バスターミナルを出発し、13時10分になんば着。2便は16時30分に田辺観光バスターミナルを出発し、なんばに20時45分着。

料金は大人2600円、子ども1300円。発車オーライネットや高速バスドットコムなどの予約サイトでも予約できる。

おんせんバスは2019年3月22日にスタート。大阪の3カ所から南紀白浜温泉の主要ホテル玄関前まで直結するバスとして注目を集めた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ