楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

災禍に負けない観光経営を 日商と日観振、7月28日にウェブセミナー

20/07/17

日本商工会議所と日本観光振興協会は7月28日、ウェブセミナー「災禍に負けない観光経営を!」を開く。大規模自然災害や新型コロナウイルスなど観光業に与えるリスクへの危機管理、対応について考える。

セミナーは、両者が6月に設立した「観光危機管理・事業継続力強化研究会」のキックオフとして開催。同研究会は観光地や観光産業へのリスク要因について危機管理と対応力強化への検討、支援を目的としており、今回のセミナーもそれに準じた内容になっている。

セミナーでは、研究会の今後の取り組みについて紹介。「観光危機管理・事業継続力強化の必要性」について同研究会のスーパーバイザーを務める観光レジリエンス研究所代表の高松正人さんが、危機・災害における宿泊施設の事業継続取り組み事例として宮城県鎌先温泉・時音の宿湯主一條の一條一平さん、べっぷの宿ホテル白菊社長の西田陽一さんが、地域としての危機管理の事例を五島市観光協会がそれぞれ発表する。

配信はYouTubeで各回300人限定で。ライブ配信は7月28日、録画配信は7月31日と8月1日。時間はいずれも14―16時。

全国の商工会議所や観光協会、DMO、自治体、大学、観光事業者らに参加を呼びかけている。参加は無料。申し込みはこちらから。締め切りは7月26日。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ