楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

温泉地でのワーケーションモデルづくり 伊東市が実証実験、「東海館」で時間貸しも/静岡

21/03/22

静岡県伊東市と伊東観光協会は、温泉地でのワーケーション誘客のモデルづくりの実証実験を実施している。企業が求める作業環境の整備などを行い、ワーケーションの“メッカ”を目指していく。

実証実験は、観光庁の「誘客多角化等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」実証事業で、市の事業が採択。首都圏から近い温泉地という特性を生かし、企業のニーズに対応して温泉地のワーケーションモデルづくりを目指すというもので、1月から事業を始めた。4月からは企業の要望に応える「ワーケーションワンストップ窓口」も開設する。

リモートワーク環境の整備にはビッグローブも協力。実証実験にあたっては宿のネットワーク環境や、デスクや会議室といったワーク環境の調査を行い、事業を実施している。

3月17日には、宿泊前後のリモートワークを可能にしようと、市指定有形文化財の元温泉旅館「東海館」でワーケーションルームを時間貸しするサービスも開始した。入館料200円は必要だが、利用は試用期間のため当面無料で提供する。

東海館

東海館

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ