楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

甲信越「街の幸福度」ランキング 1位は長野県飯山市、大東建託調べ

21/09/09

「いい部屋ネット」で知られる賃貸住宅大手の大東建託(東京都港区)は9月8日、甲信越版(山梨、長野、新潟)「街の幸福度&住み続けたい街ランキング2021」を発表した。

「街の幸福度」は1位長野県飯山市、2位山梨県富士河口湖町、3位長野県駒ケ根市だった。4位以下は御代田町(みよたまち)、下諏訪町、塩尻市と続き、トップ10のうち6自治体を長野県が占めた。

トップ3にある観光地はというと、飯山市には信濃川や斑尾高原(スキー場)、富士河口湖町には河口湖や富士山、駒ケ根市には中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイや千畳敷がある。

「住み続けたい街」は1位山梨県昭和町(しょうわちょう)、2位長野県安曇野市(あづみのし)、3位長野県松本市がトップ3。昭和町は「住み心地ランキング」でも1位、「街に誇りがあるランキング」では4位だった。3位の松本市は「街に誇りがある」「街に愛着がある」いずれのランキングでも1位だった。

住み続けたい街トップ3にある観光地はというと、昭和町には観光関連の部署はなく、町のウェブサイトにも観光情報は掲載されていなかった。

安曇野市は「安曇野」自体が観光目的地として知られるほか、大王わさび農場、安曇野ちひろ美術館など、松本市には国宝松本城や上高地などがある。

調査は居住者を対象にインターネットで調査票を配布・回収した1万6860人の回答から集計した。「ずっと住んでいたい」の質問に対し、「そう思う」100点、「どちらかと言えばそう思う」75点、「どちらでもない」50点、「どどちらかと言えばそう思わない」25点、「そう思わない」0点などの点数を平均しランキングした。

甲信越・ 街の幸福度ランキングトップ20

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ