楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大分県 東京・「坐来大分」で試食と観光紹介の会

22/10/01

大分県は9月29日、東京・有楽町のレストラン「坐来大分」でメディアを対象にした試食と観光紹介の会を開いた。

坐来大分は県のアンテナショップの位置づけのレストランで、料金はランチ4000円程度からディナーは8000円程度から。ディナーは主にコース料理を提供している。ギャラリーや物販コーナーも併設している。

試食会のお膳には関あじ、関さば、おおいた和牛、郷土料理のだんご汁などが乗り、ワインや日本酒、焼酎、リキュールのドリンクメニューが置かれた。メニューから安心院(あじむ)ワインの白と杵築産の純米「ちえびじん」を選んだ。

試食は黙食が徹底された

総料理長の説明を聞きながら、その料理を食べた。関あじ、関さばは流れの速い豊後水道でとれる魚で、身がしまり歯ごたえがいいそうだ。引き締まり具合を「細マッチョ」の例えで紹介していた。だんご汁には、想像するような丸い団子は入っていなかった。大分の広い地域で、太い麺状の「手延べ団子」を入れるそうだ。

観光については駆け足の紹介のなか、日田市で「進撃の巨人 in HITA ~進撃の日田~」が展開されているのが目を引いた。日田市出身の作者の協力で、すでに登場人物のエレンやミカサ、アルミン、リヴァイ兵長の銅像が設置されている。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ