楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本の魅力を海外伝えて 日本政府観光局、在留外国人対象にSNS投稿キャンペーン

日本政府観光局(清野智理事長、JNTO)は10月19日から、在留外国人に日本の魅力をSNS投稿を通して海外へ発信してもらう「My own personal Japanキャンペーン」を始める。来たるべきコロナ禍からの訪日旅行復活に向け、外国人視点での日本観光の魅力発掘と情報の拡散を図る。

同キャンペーンでは、在留外国人や日本での長期滞在経験のある外国人を対象に、日本の観光地やお気に入りの場所などのSNS投稿を募集。優秀な作品を表彰することで、各自のネットワークを活用して情報発信の強化につなげる。コロナ禍で誘客プロモーションが積極的に展開できない現状から、実際に日本に住む外国人からの発信が将来の訪日意欲喚起につながると企画した。

応募は12月6日まで。フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどでハッシュタグ「#myownpersonaljapan」「#visitjapanjp」を付けて、写真や動画、エピソードを添えて投稿、投稿した旨をキャンペーン事務局へメール(jnto_yjpmcontest@vectorinc.co.jp)する。

優秀作品には体験旅行カタログなど日本国内で使える10万円相当の賞品を10人に贈る。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ