楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

訪日客へ酒文化PR、モデル地域から振興 日本酒蔵ツーリズム推進協

18/08/09

日本酒蔵ツーリズム推進協議会(細野助博会長=中央大学総合政策学部教授)は7月6日、東京都内で2018年度総会を開き、酒蔵ツーリズム振興のモデル地域推進事業など今年度事業を決めた。

同協議会は、インバウンド全盛時代を迎え、日本文化の魅力の1つである日本酒と酒蔵を世界に発信しようと、2016年11月に創設。全国の酒蔵や各自治体、鉄道、旅行会社などが参画し、産官学で「酒蔵ツーリズム」の推進を図る。酒蔵ツーリズムは今年度も観光庁の「テーマ別観光による地方誘客事業」に継続採択されている。

今年度は、モデル地域推進事業と会員合同のプロモーション事業に注力する。モデル地域事業は、公募で2地域を選定。日本酒、酒蔵に興味をもつ訪日外国人観光客への酒蔵の説明ツールの普及や着地型商品の造成に向けたモニターツアーを実施する。会員合同プロモーション事業は、9月20―23日に開かれるツーリズムEXPOジャパンでブースを出展するほか、海外の旅行会社やメディア向けセミナー、商談会などを開いていく。

また、今年度から事務局が日本観光振興協会になり、各都道府県や各地の観光協会、DMOなどとの連携を深めていくという。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ