楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

政府、20年訪日客4千万人へ「観光ビジョン実現プログラム」策定 城泊など新コンテンツ開発も

19/06/26

政府は6月14日、2020年の訪日外国人客数4千万人など国が掲げる観光目標に向けた1年間の行動計画「観光ビジョン実現プログラム2019」を決定、発表した。

プログラムは、16年に決定した「明日の日本を支える観光ビジョン」で設定した目標達成に向け、定めるもの。19年8月から今年5月まで有識者による「観光戦略実行推進会議」を10回開き、同日開いた観光立国推進閣僚会議で決定した。

内容は、(1)外国人が楽しめる環境整備(2)外国人が喜ぶ観光コンテンツの充実(3)日本政府観光局と地域の適切な役割分担と連携強化(4)出入国の円滑化−の4本柱。外国人の地方への誘客、消費拡大につなげていく。

具体的には、(1)は多言語対応や無料Wi−Fi、キャッシュレスなど受入環境の整備、(2)は国立博物館・美術館の夜間開館や「寺泊」や「城泊」、スノーリゾートの再生など地域の観光コンテンツの開発、(3)は観光地整備に取り組む地域について、JNTOが魅力を海外に一元的に発信するための体制強化−などを打ち出している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ