楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「酒蔵ツーリズム」を普及 日観協が東京都でセミナー

19/08/27

日本観光振興協会は地方誘客のひとつの手段として「酒蔵ツーリズム」の推進に取り組んでいる。9月20日には初の研修を実施。事例紹介や情報交換を通して、普及機運の醸成を図る。

研修は東京都北区の旧醸造試験所第一工場で「美酒県山形の酒を知る」をテーマに実施する。昨年度の酒蔵ツーリズムモデル地域支援事業に選ばれた山形県の取り組みや、山形の酒についてのセミナー、利き酒などを通して理解を深めてもらう。

定員は50人。参加は同協会と日本酒蔵ツーリズム推進協議会の会員は無料で、非会員は1人2千円。行政や民間の観光関係者、通訳案内士などに参加を呼びかけている。

参加申し込みはhttps://form.qooker.jp/Q/auto/ja/kensyu190920/entry/から。9月6日まで。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ