楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光業界と学生のマッチング 関西観光教育コンソーシアム、企業フェアに342人が参加

20/01/30

関西エリアの観光系の学部やコースを持つ大学らで構成する一般社団法人関西観光教育コンソーシアムが2019年12月14日、大阪市の大阪産業創造館で「ツーリズム・ホスピタリティ業界 企業研究フェア」を開催した。

観光業界と、観光を学ぶ学生とをマッチングするもので、例年多くの学生や大学関係者、企業関係者らが参加する年末恒例のフェア。今回は大学生272人、企業関係者57人、大学13人の計342人が参加した。

今回の出展企業は旅行会社、バス会社やホテルや旅館、空港関係など計17社。各ブースでは時間を決めて説明会を開催し、学生たちは都合のいい時間帯を選べる。スケジュールを決めて、数社の説明会に参加する学生も多かった。

イベントホールでは、若手社員による座談会や旅館ホテル、旅行の各業界の講師によるセミナーを開催。座談会では、先輩社員の体験を中心にした話は臨場感があり、セミナーは業界のプロによる説明に会場全体に熱気がこもっていた。

ツーリズム・ホスピタリティ業界企業研究フェア

セミナーに聞き入る学生たち

このほか模擬面接会や履歴書の写真無料撮影会、グループディスカッション・ワークショップなども開催された。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ