楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

来年の東京オリパラ見据え受入環境整備を支援 観光庁、ホストタウン地域の取り組みを公募

20/05/15

観光庁は5月8日、来年に延期された東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンなどのインバウンド受入環境の整備を支援する「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(ホストタウン等緊急対策事業)」の第2期公募を始めた。

対象となる地域は、ホストタウン登録か選手村がある自治体。地域での観光案内標識の多言語対応や無線LAN、キャッシュレス決済環境、バリアフリーなどについて支援する。飲食店や小売店ではインバウンド対応を重点的に支援する。

補助率は補助対象経費の3分の1以内。

申請は、「ホストタウン等緊急対策事業受入環境緊急整備計画書」を7月31日までに地方運輸局など窓口に提出する。随時審査を行い、事業計画額の累計が予算の上限に達した時点で公募を終了する場合がある。

詳しくは、観光庁の当該ウェブページ(https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000259.html)へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ