楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

持続可能な観光地域経営の推進 UNWTO駐日事務所と観光庁ら、12月21日にシンポジウム

20/12/07

国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所と観光庁、運輸総合研究所は12月21日、東京都港区のベルサール御成門タワーで「持続可能な観光地域経営の推進に関するシンポジウム」を開く。12月16日まで参加を呼びかけている。

基調講演は「持続可能な観光地域経営の推進に向けた観光庁の取り組み」について蒲生篤実・観光庁長官が登壇する予定。UNWTO本部のダーク・グラッサー持続可能な観光部部長も「INSTO(International Network of Sustainable Tourism Observatories)の概要・効果、ウィズコロナにおいて求められる取り組み」についてビデオレターで講演する。

持続可能な観光地域経営の推進に関する調査検討委員会事務局と同駐日事務所、岩手県釜石市から事例紹介、パネルディスカッションも行う。

時間は13時30分―16時30分。会場の定員は150人、オンライン開催もあり、定員は設けていない。

参加申し込みはhttps://www.event-form.jp/event/12246/symposium1221から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ