楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍こその使命感−動画を核に世界へ発信 和歌山県高野町・平野町長に聞く(2)

―19年に外国人観光客はどれぐらい来たのですか。

人口3千人のまちに11万人が宿泊しました。これは和歌山市よりも多い数です。欧米人の方が多く、アジアの方も増えてきました。お客様が次のお客様を呼んでくれている状況です。遊園地とかではなくて、日本の歴史、文化を感じることができる高野山が支持されていると思っています。その中心になっているのは空海、お大師様で1200年の間ずっと受け継いでこられた僧侶の方々によって高野町に導いていただいています。

金剛峯寺

欧米をはじめ世界から観光客、参拝客を
集める高野山(写真は金剛峯寺)

―余談ですが、町長が立候補されるときの逸話を聞きました。

2014年の選挙に出る前、13年の秋だったでしょうか。寝てたときに「お前がいけ」という声が聞こえたんです。私はお大師様の声と思っているんですが、周囲からは嫁さんの声やと冷やかされています。

それはともかく、今この大変な時期に町長をさせてもらっている使命感が湧いています。より多くの方に高野山を目指してもらえるよう、しかるべき時期に動画を世界の方に見てもらいたい。そのためには「日本・文化」と検索するだけで、動画にアクセスしてもらえるアクションをしていきます。

コロナ禍の中で癒し、祈りを求めて聖地高野山にぜひ来ていただきたいと力強く発信していきます。

(前の記事)コロナ禍こその使命感−動画を核に世界へ発信 和歌山県高野町・平野町長に聞く(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ