楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「グリーン」「デジタル」で持続可能なまちづくり実現 内閣府、22年1月14日に「地方創生SDGs国際フォーラム」開催

21/12/21

内閣府と地方創生SDGs官民連携プラットフォームは2022年1月14日、「地方創生SDGs国際フォーラム2022」を開く。東京都千代田区の日経ホールでの会場開催とオンラインのハイブリッド開催。世界だけでなく日本も地方創生の重要要素として捉える「グリーン・脱炭素」「デジタル」についての将来像、活用への理解を深める。

テーマは「ポストコロナにおける地方創生SDGsの推進に向けて―『グリーン』『デジタル』を原動力とした持続可能なまちづくりの実現」。野田聖子・内閣府特命担当大臣(地方創生担当)らのあいさつの後、基調講演、「地方がけん引する脱炭素社会の実現―地方創生と脱炭素の好循環に向けて」「地方を活性化し、世界とつながる、デジタルを活用した持続可能なまちづくり」をテーマにした2つのセッション、官民連携による優良事例の紹介などが行われる。

関連イベントとして「自治体、企業などによる地域活性化をにらんだ大阪・関西万博の活用法」「消費者志向経営×地方創生」「企業版ふるさと納税について」も。

時間は10―17時。

参加申し込みは22年1月7日17時までにhttps://www.knt.co.jp/ec/2022/c_sdgs/から。
同フォーラムは近畿日本ツーリストコーポレートビジネスが運営事務局を務める。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ