楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ブルーツーリズム推進支援事業」を公募 観光庁、ALPS処理水の海洋放出による風評対策で

22/03/28

観光庁は3月24日、東京電力福島第一原子力発電所で発生したALPS処理水の海洋放出による風評対策として「ブルーツーリズム推進支援事業」の公募を始めた。関係する地域である岩手県と宮城県、福島県、茨城県の市町村、観光協会、DMOが対象。国内外からの誘客促進に向け海に関する観光素材を磨き上げる取り組みを支援する。

対象となる取り組みは、海水浴場などの受入環境整備▽海の魅力を体験できるコンテンツの充実▽海にフォーカスしたプロモーションの強化▽ブルーフラッグの認証の取得に向けた取り組み。これらに関する経費を10分の8以内で補助する。

応募期間は4月27日14時まで。ブルーツーリズム推進計画、費用積算書、業務実施スケジュール、事業概要を提出する。

詳しくはhttps://www.mlit.go.jp/kankocho/topics04_000163.htmlへ。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ