楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本とイタリアの農泊、農村観光を語るウェビナー12月18日開催/日本ファームステイ協会、参加者募る

20/12/10

一般社団法人日本ファームステイ協会(平井伸治会長理事=鳥取県知事)は12月18日(金)、日伊国際農泊シンポジウムをオンラインで開催する。まち全体をホテルに見立てて宿泊機能を分散する「アルベルゴ・ディフーゾ」の提唱者、イタリアのジャン・カルロ・ダッラーラさんを迎え、コロナ禍における日伊農泊の現状と今後の展望を探る。アルベルゴ・ディフーゾおよび農泊による地域活性化に関心のある人に参加を呼び掛けている。

シンポジウムは、ダッラーラさんの講演と民泊の有識者らによるパネルディスカッションを行う。

講演は、コロナ禍におけるイタリアの農村観光、アルベルゴ・ディフーゾの現状と、アルベルゴ・ディフーゾの発展形コンセプト「オスピタリタ・ディフーサ」をダッラーラさんがイタリアからオンラインで紹介する。

イタリアで発祥したまち全体を宿泊施設として展開する「アルベルゴ・ディフーゾ」(イメージ写真)

パネルディスカッションは、東洋大学の青木辰司名誉教授がモデレーターを務め、日本ファームステイ協会の上山康博代表理事のほか農林水産省、観光団体、鉄道、航空の専門家らで
日本の農村観光をテーマに話し合う。特に、コロナ禍を機に日本でも定着しつつあるワーケーションをはじめとした新たな農泊需要など今後の農村観光、農泊について展望する。

また、上山代表理事が地域の農泊の動向について情報提供する。

シンポジウムは、12月18日の16時30分から。「Zoom」ウェビナーで行い16時から接続を開始する。日本ファームステイ協会では協会正会員のほか、アルベルゴ・ディフーゾおよび農泊による地域活性化に関心のある自治体、事業者、研究者らに参加を呼びかけている。参加費は無料で、定員は300人程度としている。

参加申し込みURLは、https://jiji.smartseminar.jp/public/application/add/1733

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ