楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

文化資源の観光活用へ「生きた歴史体感プログラム」 文化庁、全国3カ所で促進事業説明会

20/10/07

文化庁は10―11月、文化資源の観光活用を勧める「Living History(生きた歴史体感プログラム)」促進事業の説明会を東京、福岡、京都の3都市で開く。来年度募集予定の事業内容について伝える。

同事業は、全国の重要文化財や史跡を活用し「生きた歴史」を体感できる観光コンテンツに磨き上げようというもの。歴史的なトピックや生活の復元行事や展示・体験などのコンテンツ開発を補助金を支給して支援する。昨年度は京都府・二条城でのプログラムなどが採択された。

対象は地方自治体や民間団体、DMOなどでつくる協議会。国指定などの文化財を核とする、文化財に史料や研究資料などに基づいた付加価値を付与する、実施プログラムは外国人観光客を含む参加者がわかりやすい解説を行う―などが条件となる。

説明会は、東京会場が10月29日にTKP新橋カンファレンスセンター、福岡会場が11月6日にTKPガーデンシティ博多、京都会場が11月12日にTKP京都四条駅前カンファレンスセンターでそれぞれ開催。文化庁担当者から事業の目的や主旨の説明、取り組み事例の発表が行われる。

申し込みはhttps://camail.knt.co.jp/form/pub/knt_kbc/living_history2020から。

問い合わせは事業事務局の近畿日本ツーリスト首都圏・首都圏地域交流センター 電話03―6863―0891。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ