楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「子ども向け」は適用せず 自治体主催ツアーの旅行業法問題

17/08/25

自治体が主催する夏休み期の子ども向けツアーが旅行業法に違反するとして相次いで中止になる事態を受けて7月28日、観光庁は「自治体が関与するツアー実施に係る旅行業法上の取扱いについて」と題する文書を都道府県旅行業担当課長宛に通知した。

文書では、自治体が実質的にツアーの企画・運営に関与し、営利性や事業性のないものは、旅行業法を適用しないとしている。例えば、同一自治体の小中高校に通学する児童や生徒を対象にしたバス移動を伴う宿泊旅行やキャンプ、自治体周辺に居住する独身男女を対象にした婚活ツアーなどは、自治体が関与するツアーとして認められる。

反面、不特定多数の者に募集を行うものは旅行業法の規制を受けることから、個別のツアーの実施については、都道府県が適切な助言を行うとするほか、懸念がある場合は観光庁に確認してほしい、としている。

また、災害時のボランティアツアーに関しても通知を出し、期間を区切った上でボランティアに限り旅行業法を緩和するとしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ