楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本旅行、京急観光から店舗事業などを譲受 京急グと事業連携進める

17/09/13

京浜急行電鉄(京急電鉄、原田一之社長)と日本旅行(堀坂明弘社長)は9月1日、京急電鉄の100%子会社である京急観光の店舗事業と外販事業を日本旅行に譲渡することで合意した。京急線沿線の誘客拡大についても連携する。事業譲渡は来年2月28日の予定で、今後の事業連携に向けて具体的な内容、譲渡価格を協議する。

日本旅行に譲渡する京急観光の店舗事業は、京急沿線を中心に展開する9店舗(品川、川崎アゼリア、横浜ポルタ、上大岡、金沢文庫、追浜、横須賀中央、ウィング久里浜、神田外語学院)のうち品川と追浜、神田外語学院を除く6店舗。外販事業は法人・団体営業部門になる。

事業連携については、京急グループが長期ビジョンに掲げる「品川・羽田を玄関口として国内外の多くの人々が集う、豊かな沿線を実現する」ことを推進するため、日本旅行が持つノウハウを交流人口の増加やインバウンド施策の強化につなげる。

具体的には(1)訪日外国人や国内旅行者の誘客拡大およびサービス向上として、京急線沿線の観光素材を活用した商品造成や販売展開を行う(2)インバウンドおよび沿線活性化に関する情報提供や調査として国内外での誘客プロモーションの実施(3)沿線顧客や京急グループへの旅行関連サービスの提供とし、西日本方面などの旅行商品を提案する―などを予定。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ