楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

カニバスツアーで「HKB総選挙」 阪急交通社、投票で”センター”決める

17/10/13

阪急交通社(松田誠司社長)は「HKB総選挙」と題し、自社ツアーの人気投票を始めた。関西発のカニを食べる日帰りバスツアー3商品が対象で、それぞれグレードアップの公約を掲げる。投票で1位になった商品は公約どおりの内容で販売するというユニークな取り組みだ。

HKBは阪急交通社・カニ・バスツアーの頭文字。冬の旅行で人気があるカニをテーマにしたツアーの企画担当者3人が党首になってイチオシ商品としてアピールする。「お腹いっぱいハピネス党」は通常60分のカニの食べ放題の時間を89分間に延長するほか飲み放題を追加。「お土産テイクアウト党」は持ち帰りのお土産のベニズワイカニが1杯から3杯に増やす。「旅館でゆったり党」は、旅館フルコースのズワイカニ3杯がすべて活カニに変わるなど、公約を掲げて自らの商品への投票を促す。

いずれの商品も販売されるが、公約どおりにグレードアップするのは1位の商品のみ。3商品の旅行代金は9990円から1万2990円。商品販売は10月5日から始まった。

投票は「阪急交通社 関西発 HKB」で検索すると表示されるホームページ上からできる。商品販売日の10月5―20日が投票期間で、結果発表は11月1日。投票状況はHPで確認できる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ