楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

九州、甲信越が上昇-国内は夏期後半に勢い JATAの夏休み旅行動向

18/07/26

日本旅行業協会(JATA、田川博己会長)がこのほどまとめた、今年の夏休み期間の旅行動向によると、人気の旅行先は国内が今年も北海道、海外は台湾がトップとなった。

国内旅行は大手旅行会社6社の予約状況(人員ベース、6月中旬時点)で、7月が2.8%減と伸び悩むが、8月が同1.9%増、9月が同7.1%増と夏期後半にかけて活況になっていく。

方面別では、1位北海道、2位沖縄、3位東京は前年と変わらず。4位大阪が続き、5位九州は大河ドラマ「西郷どん」効果で前年14位から急上昇、そのほかでは甲信越が夏の避暑地として存在感を高めている。

海外旅行は大手旅行会社7社の予約状況(同)で、7月が同0.3%増、8月が同8.0%減、9月が同5.2%減。前年に比べて伸びは鈍化傾向にある。

1位台湾は近場の旅行先、女子旅の旅行先として人気。2位に下落したハワイも定番としての人気を誇っている。3位は韓国が急回復してランクアップ、4位タイ、5位シンガポールはファミリーリゾートとして好調を持続している。

調査はJATA会員229社の営業、企画、カウンター担当者らにアンケートで実施した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ