楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

企業対抗の大運動会「コーポレートゲームズ」が初開催 JTB主導し盛況

18/11/16

職場の同僚がチームを組んで様々な競技を競う「ザ・コーポレートゲームズ関西2018」が10月27、28日、大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居を主会場に開催された。58団体271チーム、約3100人がリレーマラソン、野球、綱引き、フットサルなど10競技に挑んだ。

コーポレートゲームズ1980年代にイギリスで始まった市民参加型のスポーツフェスティバル。世界各国で開催され累計100万人以上が参加する。日本では東京で開催されたことがあるが、関西では初めて。

27日の開会式で、実行委員会の宇田川雄彦委員長(JTB常務執行役員関西広域代表)が「ラグビー・ワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック、ワールドマスターズゲームズと大規模なスポーツイベントが目白押しです。本イベントが関西のスポーツ機運の醸成、参加企業の親ぼくの機会になることを祈念しています」とあいさつ。スポーツを通じた交流の促進、地域活性化への意欲を示した。

開会式には、なかやまきんに君やげんきーず宇野さんら、よしもと芸人も参加し参加者を盛り上げた。

競技では、42.195キロを複数メンバーで走るリレーマラソンではスタジアムで見守る同僚から歓声が上がり、綱引きでは圧倒的な体格差に苦笑いを浮かべるチームも。終始盛り上がっていた。

コーポレートゲームズ関西

マラソンなど熱戦が相次いだ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ