楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

沖縄、中国エリア好調 阪急交通社、年末年始の予約状況

18/12/13

阪急交通社(松田誠司社長)がまとめた年末年始(12月27日―2019年1月5日出発、11月15日調査)の旅行予約状況によると、予約人数は国内旅行が前年同期比124%、海外旅行が同105%といずれも前年を上回り、好調に推移している。

国内旅行は、ほぼ全方面で前年を上回る好調ぶり。予約人数ランキング1位の沖縄は同159%。豪華リゾートホテルに滞在するプランや八重山諸島をめぐる離島ツアーが人気だという。

2位は中国エリアで同259%と驚異的な伸び。関西から鳥取などへのカニを求めてのツアーが好調。3位は近畿、4位は関東、5位は北陸・甲信越と続く。

海外旅行は、休暇を挟めば長期の休みになる日並びから、ヨーロッパやエジプト、モロッコ、トルコなどの遠距離方面が前年から大きく数字を伸ばしているのが特徴。韓国や台湾など近距離アジア方面の人気も継続している。ランキングは1位ヨーロッパ、2位台湾、3位中国、4位韓国、5位エジプト・モロッコ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ