楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業団体の新年会相次ぐ 和をもって新時代へ/ANTA京都支部

19/02/15

一般社団法人全国旅行業協会京都府支部(尾池文章支部長=コムスツアー)と一般社団法人京都府旅行業協会(同)は1月16日、京都市中京区の京都ホテルオークラで新春賀詞交歓会を開いた。

尾池支部長は「昨年1年の世相を表す漢字は『災』でしたが私自身、今年1年は『和』の漢字を大切にしたいと思っています。家族の和、友達の和、仲間の和をもって皆さんと過ごしたい」。また「新しい天皇が誕生し元号も変わり、新しい時代の幕開けの年になります。京都府旅行業協会も3月11日に京都経済センターSUINA室町に事務所を移転し、株式会社全旅の営業所として株式会社京都全旅に改称します。新しい時代とともに新たな取り組みを始めます」とし「会員の利便性向上と業界の皆様とのパイプ役になれるよう努力します」と語った。

全国旅行業協会京都府支部賀詞交歓会

事務所移転と、京都全旅の立ち上げを
あいさつで紹介した尾池支部長

京都府の西脇隆俊知事もあいさつで京都経済センターについて触れ「京都の様々な中小企業が集まるセンターの完成で、地域の活力を生み出すビジネスチャンスを作ることができます。大いに活用してほしい」とし、現在京都府の観光総合戦略を策定中で、滞在時間の延長や満足度が向上する取り組みを行うとした。

京都市の門川大作市長は「京都観光は順調だがそれを人の暮らしの豊かさにつなげることが大事」と強調した。

今年の新春賀詞交歓会では宴席を盛り上げるためKM観光バス、帝産観光バス、明星観光バス、ヤサカ観光バス4社のバスガイドが初参加。ユーモアを交えた巧みな話術にチアダンス、ショート・ミュージカルなどを披露し喝采を浴びていた。

京都府バス協会の谷口守弘貸切委員長(明星観光バス)は「京都のバス会社のバスガイドのおもてなしやエンターティナーぶりをお伝えし、参加された皆様をお迎えしたかった」と話していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ