楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国内、海外ともまずまず好調 阪急交通社、夏の旅行予約状況

19/07/03

阪急交通社(松田誠司社長)は7月1日、夏休み期間(7月15日―8月31日)の旅行予約状況をまとめた。予約人数は国内旅行が前年同期比3%増、海外旅行は同5%増。GW10連休の反動が心配されたが、まずまず好調のようだ。

国内旅行では、人気の旅行先は上から近畿、北陸・甲信越、関東、北海道、東北の順。軒並み前年から数字を伸ばしているが、なかでも北陸・甲信越は同19%増、 東北は同7%増と好調だ。

傾向としては、令和に時代が変わったことから、近畿の万葉集ゆかりのスポット、関東では皇居など歴史を求めての旅が多いという。好調の甲信越では涼を求めての上高地、東北は祭りが人気。

海外旅行は、ヨーロッパ、台湾、香港、中国、韓国の順に人気。ヨーロッパは同12%増、香港は同21%増と伸びが目立つ。

調査は6月25日時点のもの。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ