楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

HIS 8月の取扱額は2・8%減の633億円 海外、国内とも減少

19/10/01

エイチ・アイ・エス(HIS)の今年8月の総取扱高は、前年比2.8%減の633億4820万円となった。HISとオリオンツアー、クオリタ、クルーズプラネット、ジャパンホリデートラベル、ミキ・ツーリストの6社の取扱高を、社内取引分を相殺した上で合計したもので、海外旅行は2.4%減の521億3656万円、国内旅行は3.7%減の77億985万円、外国人旅行は6.1%減の35億178万円。7月に続きいずれも減少した。

海外旅行は韓国と香港に影響が出始めた一方、タイアップツアーなどに合わせて仕入れを強化したシンガポールが21%増と好調。チャーターを実施しているグアムも25%増となり、過去最高だった前年に迫る結果に落ち着いたという。方面別ではアジアが7.1%減、北米・中南米が3.2%減となったものの、オセアニア・南太平洋は9.8%増、欧州・中近東・アフリカは9.5%増、ハワイ・ミクロネシアは1.7%増となった。

商品別では、夏休みの家族旅行需要の増加から企画旅行が10.3%増となった一方、手配旅行は10.0%減に。チャネル別ではオンラインが11.7%増と引き続き好調で、店舗は5.3%減だった。

国内旅行では、チャーターにより道東と道南が順調に推移。沖縄でもオプショナルツアーなどによりピーク期の需要を取り込んだものの、全体ではマイナスとなった。外国人旅行は欧米からの受客が大幅に増加したものの、東アジアからの受客において販売商品を見直したことで、総取扱高は減少した。

情報提供 トラベルビジョ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ