楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTBコミュニケーション 万華響と「ロボット」のセット券発売

19/10/11

JTB コミュニケーションデザイン(東京都港区)は10月9日、「ロボットレストラン」と、同社が主催する「万華響-MANGEKYO-)」の2つのショーをセットにした鑑賞チケットを発売した。料金は1万円。2つのショーそれぞれの入場料は定価8500円。別々に定価で購入すると17000円だから、定価に比べ7000円の割引となる。各公演の公式サイトから限定商品として販売している。

「万華響-MANGEKYO-」は、和太鼓集団「DRUM TAO」 が出演し、コシノジュンコ氏、松井るみ氏、チームラボなど、日本を代表するクリエイター陣が共創して作り上げたショー。

ロボットレストランは、新宿歌舞伎町にあり、年間25 万人を集客する訪日外国人に人気のショー。きらびやかな電飾、ロボットをイメージさせる山車と、ダンサーたちが独特の世界観を表現する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ