楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JATA 首里城再建応援ツアーで収益の一部を寄付へ 7社が賛同

19/12/02

日本旅行業協会(JATA)はこのほど、10月31日の火災で大部分が焼失した首里城の早期再建を支援するため、会員各社のツアー販売を通じた支援金活動を実施すると発表した。趣旨に賛同する会員会社を募り、沖縄県内に宿泊する募集型企画旅行の収益の一部から、各社が支援金を拠出する。定額または定率など、額の設定については各社の判断に任せる。11月28日時点の賛同旅行会社はJTB、日本旅行、KNT-CTホールディングス、東武トップツアーズ、読売旅行、農協観光、名鉄観光サービスの7社。

対象とするツアーの募集広告では、既存商品の場合は1人当たりの旅行代金に占める支援額と、寄付の相手先機関を明示した別紙を作成し、パンフレットと一緒に手交する。新規商品の場合はパンフレットなどに明示。対象期間は12月から来年3月までの第1期と、来年4月から9月までの第2期に分け、第1期の支援金は4月に、第2期の支援金は10月29日からの「ツーリズムEXPOジャパン2020沖縄」の会場で、それぞれ沖縄県の文化観光スポーツ部に寄付する。JATAは対象ツアーの販売目標として5万名を掲げており、「それなりの額の寄付ができる」との見方を示している。

情報提供 トラベルビジョン

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ