楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ラグビーWCを観戦した訪日客の消費額は、2・4倍も大きかった

19/12/19

観光庁が訪日外国人旅行者4000人に行った聞き取り調査で、RWC(ラグビーワールドカップ)2019日本大会の観戦者の訪日旅行支出は平均38万5千円で、観戦していない旅行者の2・4倍と推計されることが分かった。

調査は10月10-11月5日に、国内の主要空港で行い、4409人に聞いた。観光庁が、12月18日に調査結果を発表した。

RWCを観戦していない訪日旅行者1人当たりの支出は15万9千円で、観戦者はスポーツ観戦費のほかに、宿泊費や飲食費、酒類の買物代が高い傾向があった。

試合前に札幌ドームの近くでビールを飲むワラビーズサポーター。小さく見えるけど手にしているのは大瓶

出場国のなかでもフランス47万6千円、オーストラリア40万8千円の2カ国は、観戦した旅行者の支出額平均を、さらに大きく上回った。ただ、「観戦あり・なし」それぞれの宿泊日数を見ると、フランスはがともに平均12泊とほぼ変わらなかったのに対し、オーストラリアは観戦ありが15・6泊、観戦なしが10・7泊と5日の開きがあった。

観戦者お金をたくさん使ったけど、ハッピー度は棒グラフ以上だったはず

全体の平均宿泊日数は、観戦した旅行者が13・3泊、観戦していない旅行者は8・2泊だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ