楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ影響で3分野とも最大級の下落幅 JATA3月期DI調査

20/03/24

日本旅行業協会(JATA)の3月期(1−3月)旅行市場動向調査の結果によると、国内旅行の景気動向指数(DI)はマイナス46で前期(2019年10−12月)より35ポイント下落した。海外旅行は49ポイント下落してマイナス68、訪日旅行は81ポイント低下のマイナス77。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受け、3分野いずれもマイナス指数に。調査開始以来、最大級の下落幅となった。

国内旅行は、業種、団体、個人、方面すべてで30−50ポイント程度も下落。旅行会社からも新型コロナウイルスで全般的に減少傾向、小雪の影響で不振などの声があがった。

国内の次期(4−6月)DIは、8ポイント上昇してマイナス38と若干の回復を見込む。

海外旅行も同様の傾向。中国の51下落のマイナス95が目立つが、影響は全市場に広がっている。

次期DIの見通しは5ポイント上昇してマイナス63。

唯一プラス値だった訪日旅行も大きくマイナス値に。中国が88下落のマイナス88と大きく落ち込んだ。次期DIは9ポイント上昇のマイナス68と見込んでいる。

調査は4半期ごとに実施。JATA会員など311社が回答した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ