楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:外航客船協会 クルーズ船の感染予防でガイドライン

20/05/15

「ダイヤモンド・プリンセス」や、長崎に停泊中の「コスタ・アトランチカ」など、大型クルーズ船のコロナウイルス感染拡大が記憶に残るなか、日本外航客船協会が5月14日に発表した、コロナウイルス感染予防ガイドラインでは、乗客、乗員双方の乗船前の対応に特に留意している。

乗客の乗船時については、サーモグラフィ等による検温を実施することとした。また、乗船14日前までの渡航歴、感染者との接触、体調不良(軽度な咳・咽頭痛などの症状も含む)、体温を記載した健康質問票の提出を求める。

検温や健康質問票で感染が疑われる場合は、約款に基づき、該当する乗客と同行者は乗船できないことを、予め周知する。

乗員については、1日2回(日帰りは出勤前のみ)の検温や、健康状態を確実に把握し、記録を残す。

さらに交代予定日の14日前からの検温と、体調の確認を行う。同居家族の体調確認も行い、発熱や咳などなんらかの症状があり、コロナウイルス感染が疑われる場合は、保健所に相談させて自宅待機とし、結果の報告を受ける。

乗船後は感染予防の観点から上陸を控えることとした。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ