楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:東北の旅行会社 女性社員有志がクラファンで旅館支援

20/05/29

宮城県内の旅館ホテルや観光施設を支援しようと、名鉄観光サービスなど旅行会社の有志が立ち上げたクラウドファンディング、「愛する観光ドットコムみやぎ」が5月30日、期限を迎える。2日を残し目標の500万円に対し、882万円が集まっている。

クラウドファンディングを呼びかけるウェブサイト。目標達成に感謝

参加している施設は宿泊施設を中心に63施設。2000円から10万円まで、金額別に6種類の宿泊クーポンや利用券を設定し、利用したい施設を指定してクレジットカードで購入する。

クラウドファンディング終了後、2000円で2200円分、10万円で11万円分など、各施設で7月1-12月30日まで利用できるの「1割増し利用券」が届けられる。

宿泊・観光施設には、クレジットカードの決済手数料などを引いた額が振り込まれる。

クラウドファンディングは名鉄観光サービス東北営業本部でセールスなどを担当する佐藤麻由美さんが、コロナウイルス感染症の拡大で苦境にある県内の宿泊・観光施設を支援したいと発案した。他の旅行会社にも呼びかけ、JTB、近畿日本ツーリスト東北、日本旅行東北、東武トップツアーズの女性社員が中心になり実施している。

旅行会社の女性社員有志。左上が発案者の佐藤さん

話しを聞こうと名鉄観光サービス東北営業本部に電話すると、発案者の佐藤さんは不在で、上司の福田晃也課長が応対してくれた。

-はじめようとしたきっかけはなんですか。

福田 旅行会社のパートナーである旅館ホテルや観光施設を支援したいと思ったそうです。その時、飲食店を支援するクラウドファンディングがあることを知り、自分たちもやりたいと、他社にも呼びかけ、女性社員が中心に手弁当で取り組みました。

-3・11の影響はありましたか。

福田 私はここにいましたが、佐藤さんはまだ入社以前です。ただ、あの時の経験は、東北の文化に根づいていると思います。こういう時こそ助け合おうという精神でしょうか。

-旅行会社も大変な時を過ごしています。

福田 そうですね。商売が苦しいのは同じです。ただ、これから先、コロナが収束しても、パートナーの旅館ホテル、観光施設が存続していなければ、観光の復活はあり得ません。感染症に対して施設、旅行者、旅行会社の三者が、新たな信頼関係を築きながら、需要回復に取り組みたいと思っています。

宮城県も参画し第2弾を準備、施設の割引分や手数料を県が負担

こうした取り組みに、宮城県が支援の手をあげた。利用券の対象を飲食店まで広げた上で、施設が負担する1割増しの部分とクレジットカード決済の手数料などを県が負担し、クラウドファンディング第2弾を実施する。

宮城県観光連盟が事務局となるが、引き続き旅行会社5社の女性メンバーを中心に運営する。

5月25日から6月24日まで参加事業者を募集し、6月30日から7月30日まで、クラウドファンディングを受け付ける。購入できる利用券は第1弾と同じ、2000円から10万円の6種類。利用期間を12月1-2021年5月31日までとすることで、少し先の需要につなげる。

参加施設には8月下旬をメドに、支援者が購入した額に1割分を足して振り込む。支援者が10万円の利用券を購入した場合、施設には県からの支援金と合わせて11万円が振り込まれる。500施設程度の参加を見込んでいる。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ